Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

ウォーキングダイエット成功で痩せる!効果が出るまでの違いは距離?

 

ウォーキングの効果が出るまでやダイエットに成功して痩せるまでの期間には、どうしても個人差が出てきます

これは減らしたい体重の差もあります。元々の体重が多い人は、痩せたい重量も多いですがその分早く痩せはじめます。ある意味では、変化しやすいとも言えます。

 

また、同じ体重の人でも、毎日の歩き方でウォーキングダイエットの結果が全く違ってくることも。この差はいったいどこから来るのでしょうか?

これを簡単に考えると、歩く距離の違いであると考えがちですが、(確かに距離の違いも含まれますが)根本的な違いの方が大きい可能性があります。

 

この記事では、ウォーキングの効果が出るまでの違いや、ダイエットで成功して痩せるために必要なことを距離以外についても詳しく説明します。

 

ウォーキングダイエット成功で痩せる!効果が出るまでの違いは距離?

ウォーキング効果が出るまでの違いは距離?

ウォーキング効果が出るまでの違いで、確かに全く同じ条件で毎日歩いている場合には、距離の差が大きいのは間違いありません

しかし、ここに根本的な問題があります。それは、ウォーキング効果とウォーキングダイエット効果には違いがあるのです。毎日歩けばウォーキング効果は確かにでてきますが、ダイエット効果は一定の条件が揃わないとなかなか現れてきません

ウォーキング効果には、以下のようなものがあります。

体内循環が良くなり、体質の改善や美容への効果。

・毎日歩くことで足の裏のツボを刺激できるので、集中力や記憶力の向上。

・ウォーキングの途中で分泌されるホルモンの効果で、ストレス解消。

・有酸素運動の特長である、脂肪燃焼効果

参考記事:ウォーキングは効果あるの?健康やメンタル?ダイエットはいつから?

 

上記のように、ウォーキングダイエット効果は、ウォーキング効果の脂肪燃焼によってのみ発揮されるのです。

そして、脂肪燃焼効果の違いによって痩せ方に個人差が生まれます。

 

ウォーキングでダイエット効果が出るまでの違いのポイント!

ウォーキング効果の違いが出る要因は、まず歩き方です。歩き方が悪いと、せっかく毎日歩いても効果が出ません。

正しい歩き方は、まずは基本的なポイントをマスターしてください。そして、基本的な歩き方が自然にできるようになってきてから、さらに効果がアップする歩き方を意識するようにしていくと、結果が出るまでの期間が短縮。

正しい歩き方には、以下のようなものがあります。

背筋を伸ばして視線は前方にして、歩幅は通常よりも広くする。

・かかとから着地をして足裏全体で支えながら後ろ足の指で地面を強く蹴る。

を大きく振る。(特に後ろに大きく振り肩甲骨を動かすと効果アップ)

参考記事:走るより早歩きで歩いた方が痩せる?ウォーキングダイエットの歩き方!

 

ウォーキングダイエットが成功して痩せるまでの違いのポイント!

ウォーキングの基本的な歩き方がマスター出来ましたら、歩く条件によってダイエット効果の差が出てきます。それは、まずは歩くスピードです。

一般的な徒歩や散歩のスピードでは痩せることが非常に困難。なお、通常の徒歩のスピードは不動産会社のチラシに掲載せれている分速80mです。

 

しかしながら、ウォーキングダイエットでは、分速100m(時速6キロ)以上で歩く必要が。この歩くスピードは、ウォーキングの強度( メッツ )の違いにもなってきますので、当然ながら消費カロリーの違いにも関係してきます。

また、ウォーキングの消費カロリーは、軽い有酸素運動ということもあり期待するほどでもなかったりしますので要注意。

消費カロリー(kcal) = メッツ ×体重(Kg)× 運動時間(h) ×1.05

メッツ(METs):日常の活動や運動の強度を数値化した単位。

・安静状態を1とし、運動が何倍のエネルギーを消費するかの強度を示す。

参考記事:毎日歩くと痩せるのか?ウォーキングでダイエットを成功する方法!

 

このウォーキングのスピードの感覚的なイメージは、一般的には息が弾むが会話ができる程度と言われています。これを、心拍数を目安に算出する方法もあります。

参考記事:ウォーキングで早歩きの時速とダイエットの効果が出るまでの違いは?

 

なお、歩くスピードクリアできましたら、最後に距離と時間が重要になってきます。

基本的に距離と時間には相関関係がありますので、どちらか自分で決めやすい方を選択してください。ただし、時間には一定の条件が。

 

それは、脂肪燃焼効果が始まる時間との関係があります。一般的には、運動開始から20分経過してからという説がありました。

今は、そうでもなく最初から脂肪燃焼していて、コマ切れの時間でも大丈夫という説も。しかしながら、個人的な意見としてはどっちの説が正しくても、あくまでも集中できるのであれば、出来るだけ続けて歩いた方が良いのではないかと考えます。

 

これは、ウォーキングダイエットをしようとしている人の性格にも関係。なかなか小まめに動けない可能性があるから。

もともと小まめに動くようなタイプの人は、ダイエットの必要がなく痩せている人がほとんどです。

ですから、個人的なオススメは、毎日40分(以上)まとめて歩くこと

 

人気記事:毎日3キロ歩くダイエット!4キロウォーキングした結果と効果の違いは?

 

まとめ

 

ウォーキングダイエットで成功して痩せることは、毎日正しい歩き方で一定の条件で歩けば十分に可能。ただし、ウォーキング効果が出るまでに1ヶ月ほど、そしてウォーキングダイエット効果が出るまでには3ヶ月ほど必要。

なぜならば、ウォーキングは軽い有酸素運動で消費カロリーは期待しているほど高くはないから。ですから、とにかく継続あるのみなのです。

 

なお、少しでも早くウォーキングダイエットの効果を出すには、歩くスピード歩くコースに負荷を掛けたり、ウォーキング前の筋トレなどの運動をしたり、インターバル歩きなどをする必要が。

しかし、結構ハードだったりもします。そこで、毎日ウォーキングするのに精一杯という人には、ウォーキング前にサプリを飲むことをオススメします。脂肪燃焼効果をアップさせるサプリを飲んで毎日歩けば、ダイエットに成功するまでの時間の短縮が可能に。

 

あわせて読みたい
ウォーキングの効果は?ダイエット効果で痩せる歩き方や距離は? 散歩やウォーキングで毎日歩くと、何か効果があるのでしょうか?ここで、ハッキリさせておく必要がありますが、散歩とウォーキングでは少...
あわせて読みたい
ウォーキングでダイエットの効果を最大に!方法をタイプ別に提案! ダイエットを始めたいけど、「無理な激しい運動や食事制限をしたくはない、しかも綺麗に痩せたい」という虫の良すぎる希望を抱い...
関連記事はこちら