Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

ウォーキングダイエットを筋肉痛でも続ける?歩くだけで太ももが痛い!

 

ウォーキングダイエットを始めると、歩くだけで筋肉痛になる人がいます。

そして、人によって筋肉痛になる場所が違うようです。太ももが痛い人や、ふくらはぎや腹筋や腕などが筋肉痛になったり。

 

どうして、筋トレなどをした訳でもなく、軽い有酸素運動であるウォーキングをしただけなのに筋肉痛になってしまったのでしょうか?

また、このような場合に、ウォーキングダイエットを続けるべきなのでしょうか、それともしばらくの間休んだ方がいいか?

 

結論は簡単です。ウォーキングダイエットは、たとえ筋肉痛であっても、必ず続けること

理由は本文で詳しく説明しますが、実は、この問題は結構ウォーキングダイエットにおいて根が深かったりしますので、要注意

 

ウォーキングダイエットは筋肉痛でも続けるべき!

 

先程、ウォーキングダイエットは、たとえ筋肉痛であっても、必ず続けること、と結論を言いましたが、このような質問や疑問が出ること自体に重要なポイントが

それは、そもそも歩いただけで筋肉痛になったこと、それを口実にウォーキングを休もうとしていること。(筋肉痛については、次で説明します。)

 

筋肉痛の時や疲労がある時ほど、動いた方が良い!

プロ野球選手をよく観察してみると、前日に先発で登板したピッチャーは次の日には、ランニングなどの軽めの調整をしています

プロサッカー選手の場合にも、試合の次の日や海外遠征に行った移動日に、必ずリカバリーと称して、軽めの運動で体の調整

 

この行動は、筋肉痛や疲労があった場合には、必ずしも安静にしたり体を休めた方が良いのではない、ことを意味しています。

激しい運動をしたスポーツ選手でさえ、そのように体を動かしているのに、単に歩いただけの筋肉痛で休むとは言語道断

 

実際に、ウォーキングのような有酸素運動は、筋肉痛になっても続けて大丈夫。むしろ毎日歩くことが重要

歩き始めて血行が良くなってくると、こわばっていた筋肉がほぐれてきて、筋肉痛の改善が促進されます。

このように、ウォーキングダイエットの場合には、筋肉痛がある時ほど動いた方が良い

 

筋肉痛をウォーキングダイエットを休む口実にしないこと!

ちょっと歩いて筋肉痛になったからと言って、ウォーキングを休もうとしている程度のダイエットの取り組み方では、痩せるのは無理

ここで、一度ウォーキングを休んでしまうと、この後に何かにつけて理由を探して歩かなくなってしまう可能性大。(体調不良、雨、暑さ、寒さなど多数)

 

人は、一旦動き出せば、習慣になり継続できますが、逆に休むとそっちの習慣が身に付いてしまい、動き始めるのが面倒になってしまうもの。

しかも、先程も書いたように、筋肉痛になった状態でも歩き出せば、辛い筋肉痛の改善を手助けできます。

 

人気記事:毎日ウォーキングダイエットで30分歩くと痩せた?痩せない?距離による?

 

歩くだけで筋肉痛!ウォーキングで太もも痛い!

 

ウォーキングダイエットを始めて、歩くだけで筋肉痛になるの場所は、ほとんどが下半身の筋肉になります。腕が痛くなる人もいますが、人数は少ないようです。

では、なぜ下半身が筋肉痛になってしまうのでしょうか?

 

まず、筋肉痛になった要因を善意的に解釈すると、通常の普通の歩き方と違って筋肉に負荷を掛けて大きく歩けているからとも言えます。足をかかとからつま先まで上手く使えているから。

それとは逆に、悪意的に(一般的に)解釈すると、筋肉痛というのは普段使われていない筋肉が痛くなるので、普段は全然歩いていない、すなわち運動不足から。もしくは、必要以上に足などに力が入ってしまっているのかも。

 

軽い有酸素運動であるウォーキングで、ダイエットをしようとしている点を考えると、ほとんどの人が、運動不足からの筋肉痛であると断定

そして、ウォーキングで筋肉痛になった場所によっては、歩き方のフォームや癖や力の入れ具合に問題がある場合も。

 

毎回毎回、筋肉痛になる場所が同じの場合には、他の人に歩く姿勢やフォームで不自然な所がないかをチェックしてもらうと良いでしょう。

特に太ももが痛くなる場合は、入念にチェックしてもらいましょう。それは、太ももの筋肉に力が入り過ぎていることになるから。

 

そして、毎日ウォーキング継続していくうちに、筋肉痛も起こらなくなっていきます。筋肉が痛いのは、最初のうちだけ。

 

人気記事: 毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

まとめ

 

ウォーキングで、筋肉痛になってしまうのは、運動不足が原因の場合がほとんど。

そして、筋肉痛だからと言って、ウォーキングダイエットを休もうとしてはダメ

 

それは、下半身が痛い時でもウォーキングをすることで、返って筋肉痛の回復の促進が期待できるから。

さらに、一度歩くことを休んでしまうと、せっかく痩せようと行動できたのが振り出しに戻ってしまいます。

 

そして、筋肉痛が回復した時に、ウォーキングダイエットを始めるのが面倒になってしまっていることも多々あるようです。

ウォーキングダイエットの効果は、毎日40分以上の正しい姿勢やフォームでの継続によってのみ可能なのです。

 

ウォーキングなどの有酸素運動系のダイエットは、効果が出るのに長期間の継続が必要です。

しかしながら、頭では痩せるまでに時間が必要と理解していても、我慢や忍耐に限度も

ですから、できるだけ早くダイエット効果を実感したいですね。

そのような貴方には、サプリを併用することをオススメします。

燃えやすく太りにくいプロテイン、ジェシカズ・フォーミュラしなやかなカラダに!

世界中の炭から選ばれた驚きの吸着サプリ、W活性炭濃縮カプセル体の内側から大掃除!

長期熟成と3ヶ月発酵をブレンド、純生酵素炭水化物(糖質)を分解!

 

暑い日でも、涼しげで、さわやかな顔に!
汗で顔がドロドロになって最悪! 何とかならないの?

そんな貴方に朗報です!

➽➽記事を見る

あなたにおすすめの記事