Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

ウォーキングダイエットの効果的な速度は?時速6kmか7kmか?

 

ウォーキングダイエットをする時に、歩き方や歩く距離や時間などの他に、注意するべきポイントの1つに歩く速度があります。

どうして重要かと言うと、ウォーキングダイエットの速度は、消費カロリー計算に重要な数値(メッツ)に影響するから。

 

これは、何も外を歩く場合だけではなく、家の中でルームランナーなどのマシンの速度の設定にも当てはまります。

ウォーキングのペースは、カロリー消費にポイントとなる身体への負荷の大きさに影響。当然速く歩けば負荷が多くかかり脂肪燃焼の効果が高くなります。

 

ただし、無理は禁物です。ウォーキングダイエットの成功はズバリ毎日継続すること。毎日続けられるペースを維持する事も重要。

そのような人は、ウォーキング以外の方法も一緒に取り入れると更にダイエット効果がアップします。

 

ウォーキングダイエットの速度はとても重要!

 

先程も書いたように、ウォーキングダイエットにおいて、歩く速度はとても重要です。

そして、ウォーキングダイエットで効果的に綺麗に痩せるための必須条件でもあるということ。なぜならば、どんなに頑張って毎日歩いても、消費カロリーが低いウォーキングの速度では、ダイエット効果が期待できないから。

 

ですから、ダイエット効果アップのためには、消費カロリーアップに繋がるウォーキングの速さが必要になってくるのです。

ここで、ウォーキングダイエットで歩く速度が重要な理由を計算式で説明します。

ウォーキングの消費カロリーの計算方法は、以下の通りです。

消費カロリー= メッツ × 体重(Kg)× 運動時間(h)×1.05

 

なお、メッツ(METs)とは、日常の活動や運動の強さを数字で表したものになります。

普段の安静状態を1として、日常生活の行動や運動がそれ(安静状態)に対して何倍のエネルギーを消費しているかを数値化。

メッツの概念は、厚生労働省の健康づくりのための身体活動基準2013より。

ですから、消費カロリー計算式で出てきたメッツ値を高くすれば消費カロリーがアップ

ウォーキングダイエットの歩く速度が重要な理由は、負荷をかける(歩くペースを上げる)とメッツ数値が大きくなることからです。

 

なお、この記事では歩くスピードで負荷をかける方法を書いていますが、他の方法でも負荷をかけることは出来ます。

⇒ 坂道ウォーキングで痩せた?脚やせ?ダイエットは?筋トレのすすめ!

 

ウォーキングの効果的な速度!時速6kmか7kmか?

 

では、ウォーキングダイエットのおける歩く速度は、具体的に時速に換算すると、どのくらいの速さが妥当なのでしょうか?

ここで、参考のために不動産のチラシなどに掲載されている徒歩1分の速さを挙げておきます。この場合の歩く速さは、分速80m(時速4.8km)になります。

 

しかしながら、この不動産会社の表示スピードは、あくまでも一般的な徒歩のレベルのスピード。こんな速度で歩いていては、ウォーキングダイエットにはなりません

この程度で毎日歩いても、散歩をしているのと同じ効果。一般的にウォーキングダイエットでは、軽く息があがる程度の心拍数の上昇が基準にもなっています。言うなれば早足ということ。

 

では、具体的に時速何キロで歩いたらいいのでしょうか?まずは、メッツ表示のあるスピードを比較するために挙げておきます。

なお、以下の数字は、平地を同じペースで歩いた場合で、あくまでも便宜上の数字ですが、消費カロリーの目安として下さい。

 

分速80m(時速4.8k)は、3.5メッツ

分速93m(時速5.6k)は、4.3メッツ

分速107m(時速6.4k)は、5メッツ

ウォーキングの時速6kmと時速7kmの具体的な表示がないので、どちらの数字も正確には測れませんが、【分速107m(時速6.4k)5メッツ】前後であるとは言えます。

 

なお、ウォーキングダイエット効果を得るための速度は、あくまでも私個人の考えではありますが、時速6kmが妥当ではないかと。(毎日40分以上歩く前提で)

しかし、時速7kmで毎日長期間歩き続ける体力や気力があれば、その速度で歩いて下さい。もちろん、同じ時間歩くと想定すれば消費カロリーは多くなりますから。

 

また、自分の歩く時速を決めたり管理する簡単な方法があります。

それは、自分の歩幅を計測しておくこと。ただし、ウォーキングダイエット効果をあげる為の歩幅は、通常よりも広くする必要があるので要注意。

これは、早足で歩くと自然に歩幅は広くなりますし、そうしないと速く歩きにくいとも言えます。

 

ですから、まずはご自身のウォーキングダイエットでの歩幅を測って下さい。そして、その後ウォーキングをしながら、1分間の歩数を数えてみます。

そして、この後は簡単です。掛け合わせれば分速が出て更に60を掛けて時速を出せばよいのですから。

 

そして、自分の早足の時速が出た数値が時速6キロ以上であれば、その速度で毎日ウォーキングしていれば、ダイエット効果が期待できます

しかし、時速6km以下の場合には出来る限りスピードアップに挑戦してみて下さい。しかし、無理は禁物ですので、毎日歩き続けることを優先した速度調整を。

 

人気記事:毎日3キロ歩くダイエット!4キロウォーキングした結果と効果の違いは?

 

まとめ

 

ウォーキングダイエットで効果を出すには一定以上の歩く速度が必要になります。

それは、時速に換算すると6キロ以上になります。この数値は、早足であれば決して無理な速さではないと思われます

 

なお、身長や足の長さや歩幅には個人差がありますので、自分が長く歩き続けることを最優先で決定することをオススメします。

そして、ウォーキングダイエットは、いくら早足で歩き続けても効果が出るのに時間が必要になります。

 

少しでも、ウォーキングダイエットで速く痩せたい場合や、時速6kmでどうしても歩くことが出来ない場合などは、他のダイエット方法と併用する手段もあります。

ウォーキングダイエットと併用して効果を発揮する方法としては、サプリダイエットが最も適しています。お互いの良さを引き出す相乗効果が期待できます。

 

あわせて読みたい
ウォーキングでダイエットの効果を最大に!方法をタイプ別に提案! ダイエットを始めたいけど、「無理な激しい運動や食事制限をしたくはない、しかも綺麗に痩せたい」という虫の良すぎる希望を抱い...

現在ブログランキングに参加中!バナーのクリックで応援お願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログへ   

関連記事はこちら