Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

疲れてる時のウォーキングダイエット!運動で疲労回復する?

 

ウォーキングは疲れている時の疲労回復の運動に最適。この背景には、専門用語で言いますと、アクティブレスト積極的休養)と呼ばれる理論があります。

では、なぜ疲れた時にこそ運動がよいのでしょうか?そして、どうしてウォーキングが適しているでしょうか?

 

また、元々ダイエットでウォーキングをしている人にとっても、この理論からすると疲れている時にこそ歩くべきではないかと考えられます。

この記事は、疲れてる時の積極的休養についての解説と、ウォーキングダイエットの思わぬ効果について書いていきます。

 

疲れてる時のウォーキングダイエット!運動で疲労回復する?

疲れた時こそ運動で疲労回復する?

普通に考えれば、疲れてる時にはゆっくりと休養した方が回復が早いと思ってしまいます

しかしながら、最近のスポーツ選手の行動パターンを見ても、疲れた時にこそ軽い調整のための調整運動をしている現状があります。

プロの選手が取り入れているのですから疲れた時に運動することは疲労回復すると証明。

 

例えば、プロ野球のピッチャーで前の日に長いイニングを投げて次の日に登板予定がなくても、例え全体練習が休みであっても調整のために軽い運動をしています。

この行動のもとにある理論が、アクティブレストと呼ばれる疲労回復方法です。この理論は、運動後のいわゆるクールダウンにも当てはまります。

 

疲れてる時のアクティブレスト・積極的休養!

アクティブレストとは、直訳すると積極的な休養になります。これは、疲れた時に何もしないで完全に休むよりも、軽く体を動かすことにより疲労の回復をさせていくという方法。

積極的休養の本来の目的は、軽い有酸素運動をすることで主に呼吸循環を刺激していきます。運動することで、ふくらはぎがポンプの役割をして血液の循環を良くしていくのです。

 

アクティブレストは、体が疲労している時に軽く運動することで血流を良くしていき疲労物質の体外への排出を促していきます。この流れの結果とした疲労が取れていくのです。

このアクティブレストは、軽い有酸素運動によって交感神経が刺激されて、ストレス解消という精神面での効果も期待できます。

 

なお、この積極的休業は、ウォーキングやサイクリングやスイミングなどの有酸素運動がその特徴から最適。

運動することで、新陳代謝を促し筋肉内にたまっていた疲労物質を体外に排出。

筋肉の硬化をを防止するとともにむくみなどの解消。

 

参考記事:ウォーキングダイエットを筋肉痛でも続ける?歩くだけで太ももが痛い!

疲れてる時のウォーキングダイエット!

ここまで書いてきたように、疲れている時に軽い有酸素運動をするということは疲労の回復にとってはとても有効になります。

その中でもウォーキングは気軽に始められるということで最適でもあります。もしも、今までウォーキングをしていないのであれば、これを機会に毎日歩くことをオススメします

 

では、既にウォーキングダイエットで毎日歩いている人は、疲れてる時にはどうしたらいいのでしょうか?ここでも、同じ理論が成り立ちます。

結論は既に冒頭で書いていますが、ウォーキングダイエットで毎日歩いている人は、疲れていても歩くべき。(もちろん、風邪や病気でないという限定になりますが)

 

その理由は、基本的には毎日歩いていない人と同じですが、他にもいくつかあります。それは、ウォーキングダイエットは、長期間の継続が前提条件のダイエット方法であるから

しかも、疲れているからと言って歩くのを休んでしまうと、次の日やまた数日後にも同じように疲れた状態の時に休んでしまいます。

 

人というのは、結構そのように楽な方楽な方に誘導されがちになります。しかも、疲れている時に歩いた方が疲れも回復する訳ですからなおさら歩くべき。

しかも、最初は疲れていて嫌々外に出ても、しばらくウォーキングしているうちにストレス解消ホルモンが分泌されてきて、気分がすっかり良くなっているのです。

ウォーキングをしていると時間の経過とともに、順番にβ‐エンドルフィンやドーパミンやセロトニンというホルモンが分泌される。

これらのホルモンは、幸福感や心地よさをもたらして最終的に精神の安定に導いてくれる。

 

このように、疲れている時にウォーキングダイエットをしても、体の疲労が取れていくばかりか精神的にリラックスできるので、通常と同じように歩いてしまうことが大半です。

なお、このような経験の積み重ねで、ウォーキングダイエットで疲れにくくなってきます。また、体が慣れてくるだけでなく生活の一部になってきます。

そして、時間の経過とともに段々とウォーキングダイエットで毎日歩くことが生活習慣に。そうすると、正しい歩き方で一定の条件でウォーキングしていれば、痩せていかないハズがありません。

個人差はありますが、最終的にはウォーキングダイエットが成功するのです。

 

人気記事:毎日3キロ歩くダイエット!4キロウォーキングした結果と効果の違いは?

 

まとめ

 

この記事は、論理が飛躍しすぎて強引だと思いましたか?

途中経過がかなり省略されているのでそのように感じられても仕方がありません。

しかし、人はふとしたキッカケで良くも悪くもなってしまいます。1日休んだことやタイミングを逃したことで元に戻れなくなったりするのは日常でもよくあること。

 

特に、どうしても痩せたいと思って毎日がんばって歩いていたとしたら、今までの努力が水の泡に。少しでもそんなリスクをなくす為にも疲れていても歩くべきなのです。

なお、ウォーキングダイエットは効果が出るのにとても時間がかかります。少しでも早く効果を実感したい場合には、歩く前にサプリを飲んでおくといいですよ。脂肪燃焼を加速させればダイエット効果がアップ

 

あわせて読みたい
ウォーキングの効果は?ダイエット効果で痩せる歩き方や距離は? 散歩やウォーキングで毎日歩くと、何か効果があるのでしょうか?ここで、ハッキリさせておく必要がありますが、散歩とウォーキングでは少...
あわせて読みたい
ウォーキングでダイエットの効果を最大に!方法をタイプ別に提案! ダイエットを始めたいけど、「無理な激しい運動や食事制限をしたくはない、しかも綺麗に痩せたい」という虫の良すぎる希望を抱い...
関連記事はこちら