Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

ウォーキングしてるのに体重や体脂肪が減らない!ダイエット効果の出る時期は?

 

ウォーキングをしているのに体重が減らない、と嘆いている貴方に2つ質問します。

毎日欠かさずに40分間歩いていますか?

ウォーキングのような軽い運動をすることで食欲が出て、今まで以上に食べ過ぎていませんね?

 

上の2つの質問に、両方とも「いいえ」の人は、キツイ言い方をすると、

それでは、ウォーキングをしても体重は減りません、これからも無理。

 

なぜならば、ウォーキングダイエットの効果は、毎日の積み重ねが重要だから。そして、脂肪燃焼が始まるのは、20分以上歩き始めてから。(毎日40分~がオススメ)

また、運動をしていると言っても、ウォーキングは軽い有酸素運動。食べ過ぎてしまうと、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が、上回っている状態。

 

では、それ以外の人は、【ウォーキングをしたのに体重や体脂肪が減らない】のは、何が原因でどうしたらいいのでしょうか?

 

ウォーキングしてるのに体重が減らない!

 

ここからは、冒頭の2つの質問に両方ともに「はい」と答えた人に向けた内容になります。

ここで、更に追加の質問になりますが、ウォーキングダイエットを始めてどのくらい経つのでしょうか?

 

この質問に、3か月以内、と回答をした人は、3ヶ月間続けて歩くと体重が減る可能性が十分アリ。(詳しくは、最後に説明します。)

ただし、これからお話していく内容に該当する可能性もありますので、続けて読んでみて下さい。

 

ここで、ウォーキングダイエットが成功するポイントを、幾つか挙げておきます。

ウォーキングで体重が減るポイント

毎日歩くこと・ドカ食いしないこと (解説済)

ウォーキングの時間(毎日40分~)(解説済)

歩くスピード(距離は?)

ウォーキングの姿勢

ウォーキングの歩くスピードは?

ウォーキングの歩くスピードは、散歩のスピードよりも速いこと。

一般的に、散歩はゆっくり歩いているイメージがあります。特に、犬を連れての場合ですと、完全に目的が違う歩き方になってしまいます。(犬の散歩は、所々で休みが入ってしまいます。)

 

ウォーキングの歩くスピードの目安は、1kmを10分で歩く速度。人によっては、結構な速足になります。

このスピードでウォーキングするメッリットは、足に通常よりも力がかかること。力いっぱい後ろ足をけるというイメージ。

 

これまでの流れを簡単にすると、こうなります。

ウォーキングの歩く速さを一定以上にする ⇒ 後ろ足に力が入る

⇒ 消費カロリーが増える ⇒ 筋肉が引き締まる

⇒ 代謝が良くなる ⇒⇒⇒ 体重が減る

なお、ウォーキングの距離に関しては、あまり深く考える必要はありません。なぜならば、スピードと時間を決めてあれば自然と決まってくるから。

逆に言えば、オススメしたスピードと時間に適した目的地があれば、毎日そこまで歩くという方法も

 

ウォーキングの歩く姿勢は?

ウォーキングをしても体重が落ちない原因の1つに歩く姿勢もあるかもしれません。

しかし、姿勢はそんなに難しいことではありません。背筋をきちんと伸ばしてすり足歩きではなく、ひざを伸ばすように

 

そして、歩く歩幅も通常よりも大きくするように。これは、スピードをあげる事や後ろ足を強くける事で、案外と自然にそのようになります。

また、視線も足元ではなく真っすぐ前を向くことで自然と姿勢も良くなっています。

 

ウォーキングしてるのに体脂肪が減らない!

 

ウォーキングをしても体脂肪が減らない原因は、何でしょうか?

ウォーキングをダイエットは、他の過酷な方法に比べて体重が減るのに時間がかかります。

しかしながら、むくみが取れたり筋肉が付いたりなどで、体脂肪はそれよりは早い段階で減る筈です。

ウォーキングしてるのに体脂肪が減らない原因は?

念を押しておきますが、この記事は、3ヶ月以上継続されていても体脂肪が減らない人に向けて書いています。)

ウォーキングをを真面目に継続しているのに、体脂肪が減らない原因は、体脂肪が効率よく燃焼していないから

 

どういう事かと言うと、体脂肪は、固まっているよりも分解されている方が燃えやすいため

例えば、(表現が適切でないかも)大きなブロック肉を焼くと、中まで火が通るのに時間が必要だが、ある程度の大きさに切って焼くと速く火が通るという感じ。

 

では、何をやったら良いのか?このブログの趣旨と少し離れてしまいますが、離れ過ぎない程度にあえて書きます

ウォーキングの前の無酸素運動を(少しだけでも)やってから歩く。

無酸素運動は、有酸素運動のウォーキングと正反対である、短時間の全力運動。

歩く前の短距離のダッシュ、スクワットや腕立て伏せなどの軽い筋トレ。

 

なお、上記の(軽い部類の)無酸素運動は、ウォーキングをしているのに体脂肪が減らない人だけでなく、速くダイエット効果を実感したい人にも有効

そこまでの、強い意志と多少のキツメの運動を取り入れても良いという人は、試すのもアリ。

 

ウォーキングダイエット効果の出る時期は?

 

ウォーキングダイエットの効果の出る時期は、毎日歩くスピードや距離や時間帯や食生活など多くの要因によって、個人差が生まれてしまいます。

また、この他の要因として体温や筋肉量や基礎代謝量なども深く関係してきます。

 

ですから、他人と比較する必要は全くありません。自分のペースでしっかりと基本的なこと(この記事で書いたような事)を押さえて歩いていけば、どんなに遅い人でも3ヶ月もあれば、効果が出てきます

それよりも、問題は、正しい方法で長期間やり続けることが出来るかどうか

その為には、あまりにも結果を早急に求め過ぎないこと

 

人気記事: 毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

まとめ

 

ウォーキングしてるのに体重や体脂肪が減らない、という場合には、きっと何かに問題があると考えられます

まずは、3ヶ月くらいは継続する必要があります。そこまで続けていない人は、歩いている期間が足らないかも。

 

3ヶ月以上ウォーキングダイエットをしていても効果がでない人は、歩く時間帯や時間やスピードや準備運動など、今までとやり方を変えてみるのもアリ

いずれにしても、ウォーキングダイエットは、手軽に長期間かけて綺麗に痩せられる方法ですので、気長に続けていくことが大事です。

ウォーキングなどの有酸素運動系のダイエットは、効果が出るのに長期間の継続が必要

しかしながら、頭では痩せるまでに時間が必要と理解していても、我慢や忍耐に限度があることも事実です。

 

特に、結果を早く求めるタイプや長続きしないタイプの人は、ダイエットの効果を出来るだけ早く出す必要があります。そのような人には、サプリダイエットを併用することがオススメ

サプリダイエットとウォーキングダイエットは、お互いの良さを向上させるベストな関係なのです

 

 

あなたは、どの方法を選択しますか?

燃えやすく太りにくいプロテイン、ジェシカズ・フォーミュラしなやかなカラダを目指す?

世界中の炭から選ばれた驚きの吸着サプリ、W活性炭濃縮カプセル体の内側から大掃除する?

長期熟成と3ヶ月発酵をブレンド、純生酵素炭水化物(糖質)を分解させる?(実験動画あり)

 

関連記事はこちら