Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
運動 ダイエット

踏み台昇降を30分やって痩せた!ダイエットの成功や効果はいつから?

 

踏み台昇降運動を毎日30分やり続けて、ダイエットに成功して痩せた人がいます。この人は、踏み台昇降効果がいつから出て痩せ始めたのでしょうか?

また、毎日30分の踏み台昇降運動だけで痩せたのであるならば、かなりの日数が必要になります。なぜならば、踏み台昇降ダイエットは、有酸素運動ということでそれ程ハードではないから。

 

しかしながら、踏み台昇降ダイエットで時間をかけて痩せると、リバウンドの危険性が極めて少なくなります。ですから、踏み台昇降ダイエットは無理な食事制限激しい運動なし綺麗に痩せたいという人には、おすすめのダイエット方法

今回の記事では、踏み台昇降ダイエットを毎日30分やって、効率よく痩せるための秘訣について書いていきます。

 

踏み台昇降を30分やって痩せた!

 

踏み台昇降を30分やって痩せた人は、どんなやり方でダイエットに成功したのでしょうか?踏み台昇降ダイエットは、台の昇り降りを繰り返すだけの単純な運動ですが、気を付けなくてはいけないポイントがあります。

(時間以外で個人的に考える)踏み台昇降運動の注意ポイントは、以下の通りです。

姿勢、足の上げ下げ、着地、腕の振り、

意識、リズム、呼吸、高さ、時間

運動前、クールダウン。

 

姿勢は、どんなことをするにも重要ですが、運動系のダイエットには特にポイントになります。背筋を伸ばして運動することで、循環や代謝がよくなったり筋肉系のケガの予防効果にも。

足の上げ下げは、踏み台昇降のメインの動作ですが、昇る時にはももを(できだけ)高く上げると負荷がかかって効果的に。また、台から降りる時には、お尻から始動するようにします。

 

また、足の着地については、台への昇り降りで少し違いがあります。踏み台に昇る時には、かかとから着地するようにして下さい。そして、踏み台から降りる時には、親指の付け根のふくらみ部分の母趾球(ぼしきゅう)からかかとに流れるように着地。

なお、腕の振りはウォーキングでも重要ですが、踏み台昇降ダイエットでもポイントになります。しかも、室内での運動なので、人目を気にすることもないので大きくしても大丈夫

 

一般的に、ダイエットでは意識もかなり重要。たかが意識の問題ではないのかと思われるかもしれませんが、意識レベルの違いで効果がかなり違ってくるのです。(これが更に進化して、体に植え付けられて無意識で出来るレベルになればベスト。)

あれもこれも意識すると身動きが取れなくなってしまいますのであくまでも意識(頭に入れておく)ことでも大丈夫。

 

具体的には、お腹とお尻(穴をしめる)ことですが、背筋を伸ばすと自然にできることでもあります。

踏み台昇降ダイエットは単調な動作の繰り返しですので、一定のリズムで行うと運動が楽になるばかりか、自律神経を整える効果も。そして、リズミカルに運動できれば、自然と呼吸も整ってきます。

 

また、踏み台昇降は有酸素運動ということもあり呼吸も重要で、腹式呼吸を意識することがポイントです。

なお、踏み台昇降ダイエットでの負荷の掛け方には、運動時間と踏み台の高さがあります。当然ですが、時間が長い程高さが高い程負荷が大きくなり消費カロリーも高くなる結果に。

 

踏み台の高さで気を付けることは、高くすればするほど良いという訳ではないということ。自分のステップのリズムが崩れない範囲で高さの調整をして下さい。

一般的な踏み台昇降ダイエットの高さの基準は15㎝ですから、まずはその高さで数回やってみてから徐々に調整するのがよいでしょう。

(この記事の場合には、30分という基準なので時間に関しては触れません。)

 

また、運動前(15~20分前)にコーヒーやお茶などを飲んでカフェインを摂取すると、脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化させることが出来ます。リパーゼは、体脂肪をエネルギー源に変えて、運動エネルギーとして消費。

それと同様の効果が期待できるのは、運動前に脂肪燃焼効果をアップさせるタイプのサプリを飲むことです。

 

踏み台昇降後は、簡単なクールダウンをしておくと筋肉痛やむくみの予防になります。

踏み台昇降自体は、軽い運動ですのでその場での足踏みや軽いマッサージ程度で十分と考えられます。

 

人気記事:ウォーキング40分の効果とダイエット!距離や歩数と消費カロリーや期間!

 

踏み台昇降ダイエットの成功や効果はいつから?

 

踏み台昇降ダイエットの成功や効果はいつからでしょうか?ここで、ここで考えなくてはならないのは、踏み台昇降の30分の消費カロリーではないでしょうか?

一般的に、踏み台昇降ダイエットは、ウォーキングダイエットよりも消費カロリーが高いと考えられます。それは、踏み台の昇り降りに負荷がかかっているからで、あくまでも同じ時間を運動した場合

 

また、ウォーキングダイエットの場合には個人的には40分以上を歩くことを推奨しています。そうすると、踏み台昇降ダイエット30分と比較するとどうなのでしょうか?

ウォーキングダイエットの場合には、ウォーキングのスピードと運動強度の数値(メッツ値)が出ている為消費カロリーを出すのは比較的簡単ですが、踏み台昇降の正確な消費カロリーを出すのは困難。

 

メッツ(METs)とは、日常の活動や運動の強度を数値化した単位のこと。

安静状態を1とし、運動が何倍のエネルギーを消費するかという強度を表している。

参考記事:毎日歩くと痩せるのか?ウォーキングでダイエットを成功する方法!

 

ですから、あくまでも個人的な見解になってしまいますが、踏み台昇降ダイエットの30分の効果は、ウォーキングダイエットの推奨条件(時速6キロで40分以上)と同等の効果ではないかと。

このように考えると、踏み台昇降を毎日30分続けた時の効果はいつからかというと、1ヶ月経った頃からになります。

 

しかも、この時の踏み台昇降効果は、見た目やお腹周りなどの体型の変化だけになっています。⇒ ウォーキングで見た目痩せ!ダイエットは?痩せない?体型変化は?

しかしながら、この見た目痩せ状態は、本人以外は実際の体重を知らないことを考えると、人によっては既にダイエットが成功しているとも言えます。

 

また、実際に体重が減り始めてくるのは、踏み台昇降ダイエットを始めて3ヶ月程度経ってからになります。

そして、踏み台昇降ダイエットを継続していくと必ず停滞期に入りますが、1ヶ月程度で痩せて又停滞期がくるというサイクルに。

参考記事:ウォーキング1ヶ月で痩せない!筋肉か?ダイエット停滞期はいつ?

 

なお、毎日30分の踏み台昇降運動の効果をさらに上げて少しでも早く痩せるには強度を上げるか効率を上げるしか方法がありません。

運動の負荷を上げるには、室内用の靴を履いたり、腕にペットボトルやダンベルなどを持つ方法があります。要は、筋肉に負荷をかけるという方法。

 

もう一つ、ステップのピッチや高さを上げる方法を考える人がいるかもしれませんが、これはおすすめしません。理由は、(前に書いたように)自分に合った基準値で長期間続けることが重要であるから。

また、踏み台昇降ダイエットの効率を良くする方法としては、運動前にサプリを飲むこと。サプリメントは様々な見地で分析されていて、コーヒーやお茶以上の効果が期待できます。

 

人気記事:毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

まとめ

 

踏み台昇降を毎日30分正しい方法でやれば、ダイエットに成功して痩せることは十分に可能です。しかしながら、問題は長い期間継続できるのかということです。

踏み台昇降ダイエットはいつでも出来る方法ですが、運動自体が単調な為にあきてしまうことも。ですから、踏み台昇降は、特定のテレビを見ながらや音楽を聴きながらのながら運動にすると継続しやすくなります。

 

また、いくら長い時間が必要だと理解していても、早く痩せるに越したことはありません。そのような人には、脂肪燃焼効果をアップさせるサプリを摂取することをオススメします。

様々な研究がなされて開発されているサプリは、踏み台昇降ダイエットのような有酸素運動とも相性が良く、ダイエット成功への時短効果が抜群です。

ウォーキングや踏み台昇降などの有酸素運動系のダイエットは、効果が出るのに長期間の継続が必要

しかしながら、頭では痩せるまでに時間が必要と理解していても、我慢や忍耐に限度があることも事実です。

 

特に、結果を早く求めるタイプや長続きしないタイプの人は、ダイエットの効果を出来るだけ早く出す必要があります。そのような人には、サプリダイエットを併用することがオススメ

サプリダイエットと有酸素運動ダイエットは、お互いの良さを向上させるベストな関係なのです

 

あなたは、どの方法を選択しますか?

燃えやすく太りにくいプロテイン、ジェシカズ・フォーミュラしなやかなカラダを目指す?

世界中の炭から選ばれた驚きの吸着サプリ、W活性炭濃縮カプセル体の内側から大掃除する?

長期熟成と3ヶ月発酵をブレンド、純生酵素炭水化物(糖質)を分解させる?(実験動画あり)

 

現在ブログランキングに参加中!応援お願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログへ   

関連記事はこちら