Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

ウォーキングの意味はあるのないの?汗やダイエットは?痩せない?

 

毎日のウォーキングは、意味があるのかないのかどっちなのでしょうか?もちろん、毎日歩くことは、全く意味がない訳ではありません。健康的になったり多くの効果があります。

それでは、ダイエットに関しては?毎日のウォーキングダイエットで痩せるのでしょうか、痩せないのでしょうか?この疑問には、どっちの答えも存在して、痩せる人と痩せない人がいます。

 

また、ウォーキングを毎日していても汗をかく人や全くかかない人がいます。また、汗をかいていても人によっては汗の種類が違うのです。そして、ウォーキングを毎日している時の汗もダイエットに関係しています。

今回は、ウォーキングの意味についてと、なぜ痩せない人と痩せる人がいるのかを、ウォーキングを毎日している人の汗との関係で考えてみます。

 

ウォーキングの意味はあるのないのどっち?

 

ウォーキング自体の意味は非常に多くあります。まず初めに、ウォーキングの代表的な効果を挙げておきます。

・歩くことで血流がよくなり体内循環がスムーズになるなどの体質改善

・体力や心肺機能などの向上ができる。

・有酸素運動なので、脂肪燃焼効果が得られる。

・集中力や記憶力がアップするなどの脳の活性化。

・ウォーキング中にホルモンが分泌されて、ストレス解消

 

ウォーキングダイエットで毎日歩くと、血流がよくなります。そうすると、様々な体の問題が解決。例えば、肩こりであったり冷え症など症状や体質が改善されていくのです。

そして、ウォーキングは普通の散歩よりも早足で歩きますので、心肺機能の強化にも打って付け。当然ですが、毎日歩いていれば自然と体力も付いてくることになります。

 

また、最近は時間に関しては諸説ありますが、ウォーキングをすると脂肪の燃焼が始まります。そして、脂肪の燃焼が始まると、体が引き締まってきて見た目痩せに。⇒ ウォーキングで見た目痩せ!ダイエットは?痩せない?体型変化は?

その他には、足の裏のツボを刺激できるので脳の活性化がされて、集中力や記憶力のアップや認知症の予防にも効果が期待されています。

 

また、ウォーキングを始めてから時間が経過するにつれて順番に、β‐エンドルフィンドーパミンセロトニンというホルモンが分泌。

これらのホルモンが幸福感や心地よさをもたらすことにより、ストレスの解消ができます。
そして、毎日歩くことで自然にストレスに対しも強くなることに。

 

人気記事:ウォーキングダイエットは最初太る?痩せない太った理由!むくみ体重?

 

ウォーキングの汗とダイエットは?痩せない?

 

同じように、ウォーキングダイエットで毎日歩いていても、痩せない人と痩せる人がいますが、どのような違いがあるのでしょうか?

もちろん、歩き方歩く時間スピード距離といった違いも重要。このポイントについては、別の記事に書いてあります。⇒毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

そこで、今回は、ウォーキングの汗について考えてみます。ウォーキングで毎日歩いても、汗をかかない人がいたり汗をかいても種類が違うことがあります。

ここで、同じように汗をかいてもどのように違うか比較してみました。

 

痩せる人の汗の特長は、以下の通りです。

・汗は全身からかいて、サラサラしていてすぐに蒸発する

・汗自体は臭くなく、舐めても無味である。

痩せない人の汗の特長は、以下の通りです。

・汗は顔や首周りなどの一部分だけで、ベタベタしていて蒸発しにくい

・汗自体は臭く舐めると塩からい。

 

上記のように、痩せる人と痩せない人の汗は、全く正反対と言っても言い過ぎではありません。しかし、もっと違うタイプの人もいます。

それは、全く汗をかかない人。そして、汗をかかない人の原因は一つではありません。

汗をあまりかかない人の原因は、以下の通りです。

・必要な水分を摂取していない。

・自律神経が乱れている。

・エアコンなどの空調設備の使用し過ぎ。

・代謝が悪い。

 

当然ですが、十分な水分を取っていないと、体温調整のために汗をかくことができません。これでは、からだの調子を整えることが難しくなります。

また、不規則な生活や睡眠不足やストレスなどがあると、自律神経が乱れてしまうことに。そして、自律神経の乱れがあっても汗をかきにくくなってしまいます。

 

また、エアコンなどの空調設備に頼り切った生活をしていると、体が体温調整を出来なくなってしまいます。

そして、代謝が悪くても汗をかきにくくなり、当然ですが痩せにくくなります。それは、尿や便などで老廃物を排出するのにも水分が必要であるから。

 

このように、水分が不足したりして、汗をかかないと代謝も悪くなるばかりか、痩せにくい体になってしまいます。その状態で、ウォーキングを毎日しても効率が悪い訳です。

ウォーキングの意味があるかないかを考える前に、自分の体調面を整えておくことからスタートした方がいいのかもしれません。

 

人気記事:ウォーキングどのくらいで痩せ始める?ダイエット効果が出るまでの秘訣!

 

まとめ

 

ウォーキング自体の意味は、非常に多くあります健康面や精神面など多岐に渡ります。しかし、ダイエットのためのウォーキングという意味では、個人差が出てきます。

同じようにウォーキングを毎日していても、痩せない人から見れば意味がないとも。今回の記事では汗に特化して書きましたが、痩せない原因は他にもありますので、他の記事を参照して下さい。

 

なお、せっかく毎日歩いていてもダイエット効果が出ないのはストレスがたまります。そして、ウォーキングダイエットは時間がかかります。

そこで、少しでも早くウォーキングダイエットの効果を実感するためにサプリダイエットを取り入れると時短に。ウォーキングダイエットとサプリダイエットは、非常に相性が良くよくオススメです。

 

ウォーキングなどの有酸素運動系のダイエットは、効果が出るのに長期間の継続が必要です。

しかしながら、頭では痩せるまでに時間が必要と理解していても、我慢や忍耐に限度も

ですから、できるだけ早くダイエット効果を実感したいですね。

そのような貴方には、サプリを併用することをオススメします。

 

燃えやすく太りにくいプロテイン、ジェシカズ・フォーミュラしなやかなカラダに!

世界中の炭から選ばれた驚きの吸着サプリ、W活性炭濃縮カプセル体の内側から大掃除!

長期熟成と3ヶ月発酵をブレンド、純生酵素炭水化物(糖質)を分解!

 

あなたにおすすめの記事