Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ウォーキング ダイエット

毎日一万歩ウォーキングで痩せた?歩いても痩せない?歩きすぎ? 

 

ウォーキングダイエットで、毎日一万歩を歩いたら痩せたという人がいます。しかし、一方では一万歩を毎日歩いても少しも痩せないという人も。

また、最近では、1日1万歩は歩きすぎである、と言われるようにもなっています。そして、実際に一万歩を歩かなくてもウォーキングダイエットに成功して痩せたという人も多く存在。

 

これは、ウォーキングダイエットは歩数だけで判断するべきではない、ということを顕著に物語っています。あくまでも、ウォーキングダイエットでは、歩数は目安と考えて下さい。

この記事では、ウォーキングダイエットの歩数にこだわる必要のない理由と、ダイエットで成功するポイントについて書いていきます。

 

毎日ウォーキング一万歩で痩せた?歩いても痩せない?歩きすぎ?

 

なぜウォーキングダイエットで同じように毎日一万歩を歩いても、痩せた人と痩せない人がいるのでしょうか?両者には、歩数以外に何か根本的な違いがある可能性大。

ですから、痩せた人と痩せていない人の違いとして考えられるポイントをいくつか挙げて、それぞれを検証していきます。

 

まず初めに、一万歩の距離について考える必要があります。毎日一万歩を歩くとしても、人によって実際に歩いている距離に違いが。ここでは、ウォーキングの歩幅が関係してきます。

極端な例を挙げると、同じ歩数の場合に歩幅が倍の人は当然ですが倍の距離を歩いていることに。そして、長い距離をウォーキングすれば消費カロリーも多くなります。

 

ですから、まずは自分の歩幅を測ってみてはいかがでしょうか。ただし、ここで注意しておかなければいけないポイントは、ウォーキングダイエットで歩く時は歩幅は広くなるということです。

更に言えば、ウォーキングダイエットで成功する為には、歩幅を広くすることが必須条件。そして、歩幅は、歩く速度にも密接に関係してきます。

 

参考記事:毎日ウォーキングダイエットで30分歩くと痩せた?痩せない?距離による?

 

ウォーキングの歩く速度について!

ウォーキングダイエットの効果を出すためには、通常の徒歩や散歩の速さではダメ。一般的に、ウォーキングダイエットの歩く速さは早足が基本です。

ウォーキングの効果を得るための速さは、数値的には分速100m(時速6km)以上の早歩き。ですから、どうしても歩幅を広くする方が、回転数を上げるよりも自然でありスピードも速くなります。

 

なお、ウォーキングダイエットの早足の理由は、消費カロリーを多くすることから逆算して考えられています。当然ですが、ウォーキングダイエットの早足は、通常のスピードよりも消費カロリーが多くなることに。

 

参考記事:ウォーキングダイエットの効果的な速度は?時速6kmか7kmか?

 

一万歩のウォーキングカロリーは?

では、実際に消費カロリーにはどれ程の違いが出るのでしょうか?まず、消費カロリーの出し方は以下の通りです。

消費カロリー(kcal) = メッツ ×体重(Kg)× 運動時間(h) ×1.05

なお、計算式に出てくるメッツとは、日常の安静状態の1に対して、該当する活動や運動の強度を数字で表したもの。

 

このメッツ値は、厚生労働省の健康づくりのための身体活動基準2012の値を参照しています。

そして、このメッツ値は早足で歩くと、通常の徒歩の速さ分速80m(不動産会社のチラシの徒歩の速さ)よりも大きい数値になることで消費カロリーも多くなります。

分速80m(時速4.8km)は、3.5メッツ。

分速93m(時速5.6km)は、4.3メッツ。

分速107m(時速6.4km)は、 5.0メッツ。

 

参考記事:ウォーキングダイエットで1日に何キロ歩くと痩せる?距離の理想は?

 

毎日1万歩のウォーキングは歩きすぎ?

毎日1万歩のウォーキングは、歩きすぎなのでしょうか?

これは、まず歩幅を計測してから考えてみます。普通の徒歩の歩幅が50cmで早足の広い歩幅が60cmと仮定します。(現実的にはもう少し広いと思いますが。)

そして、これを一万歩を距離に換算すると6kmとなります。そして、時速6キロのスピードで歩いたと仮定すると、1時間歩いた計算に。

この数字は、あくまでも歩幅を少なめにしていますので、もう少し長い距離を歩いている可能性が。ですから、私の個人的な意見としては1万歩のウォーキングは歩きすぎとも言えます。

しかし、ウォーキングダイエットをしている人が、毎日問題なく継続できるのであれば、それ程の問題はないかもしれません。(1万歩を超えることはあまりオススメしません。)

 

ただし、あまり歩数にこだわる必要もないというのが本当のところです。なぜならば、ウォーキングダイエットは、注意しなければいけない重要なポイントは多くあるから。

それは、(前に書いた)歩くスピードであり歩幅であり、歩くフォーム歩き方です。

 

関連記事:毎日10キロ歩くけど痩せない!ウォーキングダイエットで痩せるには?

 

毎日の効果的なウォーキングダイエットの方法は?

毎日のウォーキングダイエットの効果的な方法のポイントは、歩くスピードと歩幅以外では、歩くフォームや歩き方です。

歩くフォームは、最初は基本的なことにだけ注意していれば大丈夫。それは、背筋を伸ばして視線を少し前方にすること。そして、通常の徒歩よりも腕を大きく振ることです。

 

そして、腕を振る時に心掛けたいポイントは、後ろに大きく振ることで肩甲骨を動かすことです。また、かかとから着地して足の裏全体で体重を支えながら、後ろ足の足指で強く蹴ることも重要。

このようにすると、自然と歩幅が広くなりしかも足の回転も速くなることに。その結果として、早足で歩くことが簡単にできるようになります。

 

また、一般的な意見では、ウォーキングダイエットの効果を更にアップさせるには、歩く前にストレッチ筋トレなどをするのが良いとされています。そして、ウォーキング中に緩急をつけたインターバル歩きをすると効果があるとも。

しかしながら、毎日一万歩も歩いている人にこれ以上の運動をすすめるのはどうかと思います。ですから、同じような効果があるサプリを歩く前に摂取することをオススメします。

 

人気記事:毎日3キロ歩くダイエット!4キロウォーキングした結果と効果の違いは?

 

まとめ

 

ウォーキングダイエットで毎日一万歩を歩いて痩せた人は正しい方法で取り組んだ結果と言えます。一方で一万歩を歩いても痩せない人は何かが間違っています

なぜならば、ウォーキングの一万歩は歩きすぎだ、という人も存在するくらいの長い距離を歩いているのですから。

 

一番大事なのは、正しい方法で自分のできる範囲内で、ウォーキングダイエットを継続していくこと。そして、毎日たんたんと歩き続ければ、痩せ始める期間に個人差はあっても必ずダイエットは成功します。

なお、少しでも早くダイエット効果を得たい場合には、サプリダイエットを併用することがオススメ。サプリを歩く前に飲んでおけば、脂肪燃焼の効果がさらにアップします。

 

あわせて読みたい
ウォーキングの効果は?ダイエット効果で痩せる歩き方や距離は? 散歩やウォーキングで毎日歩くと、何か効果があるのでしょうか?ここで、ハッキリさせておく必要がありますが、散歩とウォーキングでは少...
あわせて読みたい
ウォーキングでダイエットの効果を最大に!方法をタイプ別に提案! ダイエットを始めたいけど、「無理な激しい運動や食事制限をしたくはない、しかも綺麗に痩せたい」という虫の良すぎる希望を抱い...
関連記事はこちら